menu

神戸ビーフの認定基準

最初から神戸ビーフとして生まれてくる牛はいません。「但馬牛」の中でも、一定の品質基準を満たす「選りすぐり」だけが「神戸ビーフ」の称号を得るのです。

  1. 写真
    1. 子牛の繁殖
    兵庫県内の繁殖農家(指定生産者)のもとで生まれた但馬牛の血統の子牛は、まず牛の戸籍簿に登録され、10桁の「個体識別番号」の耳標が装着されます。どの血統で子牛を産ませるか、よりよい種付けを見極め、子牛を月齢約9か月まで健康に育てることが、繁殖農家の役目です。
  2. 写真
    2. 肥育
    子牛家畜市場に出品された子牛を、肥育農家(指定生産者)が買い取り、ストレスのない健康的な環境で、愛情と手間ひまかけて育てます。子牛たちは稲わらやとうもろこし、麦などの選び抜かれた飼料と清澄な水を与えられ、最低月齢28カ月以上、平均32カ月程度かけて理想の肉質に近づいていきます。
  3. 写真
    3. 出荷
    兵庫県内の食肉センターでと畜。各種、検査を行い合格牛は枝肉市場で「兵庫県産但馬牛」として売買されます。
  4. 写真
    4. 格付
    それら但馬牛の中でも、とくに未経産牛・去勢牛であり、枝肉格付等が以下の事項に該当するものだけが「神戸ビーフ」と呼ばれます。
    • 霜降りの度合いを表す「BMS」がNo.6以上
    • 可食部分の割合(歩留等級)がA・B等級
    • 枝肉重量が470kg以下
    • 肉質のきめ細かさ、しまり具合がすぐれている
    [写真左] 神戸ビーフに認定された牛肉には「のじぎく」の紋章が捺されます。
    [写真右] 牛をかたどったブロンズ像が、神戸ビーフを取り扱う指定登録店の目印。

牛肉の格付は、歩留等級と肉質等級で決まります

歩留等級(A-C)
一頭の牛からとれる可食部分の割合が多いか少ないかのこと。
肉質等級(1-5)
霜降りの度合いや、色、肉生地のきめ細かさ、脂の質などを総合評価したもの。

B.M.S. No.1は脂肪交雑の認められないもの、B.M.S. No.2はNo.3に満たないものであるため、写真によるスタンダードを作成していません。

*「神戸ビーフ」「神戸肉」「神戸牛」「但馬牛」「但馬ビーフ」「のじぎくマーク」「ブロンズ像」は商標登録されています。

[ ご注意 ]
当ウェブサイトに掲載されたレストラン情報内容は、予告なく変更することがございます。