高さ調整可能,2段式,kobebeef-org.jp,電子レンジラック,/hypethral1725107.html,NEKOU,レンジ上ラック,インテリア・寝具・収納 , 収納家具 , キッチン収納 , レンジボード,2576円,伸縮式,MDM(ホワイト) 2576円 NEKOU レンジ上ラック 伸縮式 電子レンジラック 2段式 高さ調整可能 MDM(ホワイト) インテリア・寝具・収納 収納家具 キッチン収納 レンジボード 最安値挑戦 NEKOU レンジ上ラック 伸縮式 電子レンジラック ホワイト 高さ調整可能 MDM 2段式 2576円 NEKOU レンジ上ラック 伸縮式 電子レンジラック 2段式 高さ調整可能 MDM(ホワイト) インテリア・寝具・収納 収納家具 キッチン収納 レンジボード 高さ調整可能,2段式,kobebeef-org.jp,電子レンジラック,/hypethral1725107.html,NEKOU,レンジ上ラック,インテリア・寝具・収納 , 収納家具 , キッチン収納 , レンジボード,2576円,伸縮式,MDM(ホワイト) 最安値挑戦 NEKOU レンジ上ラック 伸縮式 電子レンジラック ホワイト 高さ調整可能 MDM 2段式

最安値挑戦 秀逸 NEKOU レンジ上ラック 伸縮式 電子レンジラック ホワイト 高さ調整可能 MDM 2段式

NEKOU レンジ上ラック 伸縮式 電子レンジラック 2段式 高さ調整可能 MDM(ホワイト)

2576円

NEKOU レンジ上ラック 伸縮式 電子レンジラック 2段式 高さ調整可能 MDM(ホワイト)











NEKOU レンジ上ラック 伸縮式 電子レンジラック 2段式 高さ調整可能 MDM(ホワイト)

文献ランキング(各10件)

27 25 25 24 OA 掌中官員録

出版者
西村組出版組
巻号頁・発行日
vol.明治8年, 1875
著者
箕輪 啓太 今 明秀 銀狼 泥除け シルバーメッキ 横430mm×縦500mm 後村 朋美
出版者
一般社団法人 日本外傷学会
雑誌
日本外傷学会雑誌 (ISSN:13406264)
巻号頁・発行日
vol.35, no.4, pp.294-298, 2021 (Released:2021-10-20)
参考文献数
14

63歳の中国人女性. 奥入瀬渓流を自動車で走行中に道路から遊歩道へ転落し, ドクターヘリが出動した. ショック状態でフレイルチェスト, FAST陽性を認め, ヘリ内で蘇生的開胸術を施行した. 病着前にPEAに移行し, 救急外来でdamage control surgeryの方針として脾臓摘出術を施行した. 精査で脳挫傷, 胸郭損傷 III b, 左肺損傷 I b, 脾損傷 III b, 骨盤損傷 I a, 第7頸椎横突起骨折, 右上腕骨骨折と診断. 第4病日に閉腹術とフレイルチェストに対して肋骨固定術を行った. 術後に創感染や膵液漏を認めたが, いずれも保存的加療で軽快し, 第97病日に独歩退院した. 病院前において生命徴候が消失する可能性のある重症出血性ショックは蘇生的開胸術を考慮すべきである.

15 14 14 14 OA 新文典別記

著者
橋本進吉 著
出版者
富山房
巻号頁・発行日
vol.上級用, 1935
著者
Rei YAMASHITA Nagako HIKI Fumika KASHIWADA Hideshige TAKADA Kaoruko MIZUKAWA Britta Denise HARDESTY Lauren ROMAN David HYRENBACH Peter G. RYAN Ben J. DILLEY Juan Pablo MUÑOZ-PÉREZ Carlos A. VALLE Christopher K. PHAM João FRIAS Bungo NISHIZAWA Akinori TAKAHASHI Jean-Baptiste THIEBOT Alexis WILL Nobuo KOKUBUN Yuuki Y. WATANABE Takashi YAMAMOTO Kozue SHIOMI Ui SHIMABUKURO Yutaka WATANUKI
出版者
Japan Society for Environmental Chemistry
雑誌
Environmental Monitoring and Contaminants Research (ISSN:24357685)
巻号頁・発行日
vol.1, pp.97-112, 2021 (Released:2021-10-11)
参考文献数
90

Plastic pollution, and its associated impacts on marine fauna due to chemical contamination, is an area of growing global concern. We analyzed 145 preen gland oil samples from 32 seabird species belonging to 8 families with different foraging habits and life history strategies from around the world for plastic additives and legacy persistent organic pollutants. The additives included two brominated flame retardants (decabromodiphenyl ether, BDE209; decabromo diphenyl ethane, DBDPE) and six benzotriazole UV stabilizers (BUVSs; UVP, UV326, UV329, UV328, UV327, and UV234). Polychlorinated biphenyls (PCBs) and organochlorine pesticides (Dichlorodiphenyltrichloroethane and its metabolites: DDTs and hexachlorocyclohexane: HCHs) were detected ubiquitously. High concentrations of PCBs (up to 20,000 ng/g-lipid) were observed in the seabirds from higher-trophic level taxa. These patterns can be attributed to PCB exposure via their diet and associated biomagnification. DDT concentrations showed strong positive correlations with PCB concentrations, suggesting that DDTs in seabirds are also a result of diet and biomagnification. Plastic additives were detected sporadically as BDE209 and DBDPE were detected in 16 seabirds from 10 species (range: 3–379 ng/g-lipid) and BUVSs were detected in 46% (67) of the examined individuals (range: 2–7,055 ng/g-lipid). UV stabilizers were more frequently detected than flame retardants because UV stabilizers are more widely applied to plastic products. None of the plastic additives were correlated to the presence of PCBs, nor were they explained by the foraging area or trophic level. High concentrations of additives were detected in the species with high levels of plastic in their digestive tracts. In some of these species, such as Hawaiian petrels (Pterodroma sandwichensis) from Hawaii and flesh-footed shearwaters (Ardenna carneipes) from Western Australia, plastics were directly observed in the stomach. For other species, including great shearwaters (Ardenna gravis) from Gough Island, blue petrels (Halobaena caerulea) from Marion Island, and black-footed and Laysan albatrosses (Phoebastria nigripes and P. immutabilis) from Hawaii, plastic ingestion has been documented in literature. These patterns can be explained if the additives are mainly from ingested plastics rather than diet. The detection of BFRs and BUVSs demonstrated that a significant proportion of the examined seabirds accumulated chemicals from ingested plastics.
著者
大池 祐輔
出版者
一般社団法人 電子情報通信学会
雑誌
電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review (ISSN:18820875)
巻号頁・発行日
vol.15, no.1, pp.5-15, 2021-07-01 (Released:2021-07-01)
参考文献数
15

電子の眼ともいわれるイメージセンサは,その技術進化によってカメラの性能を飛躍的に向上させて,私たちの現在の生活に欠かせないデバイスとなった.CCDイメージセンサの登場でビデオカメラの小型化に成功して以来,CMOSイメージセンサにおける列並列AD変換回路や裏面照射構造の開発によって,その市場は大きく拓かれた.本稿では,スマートフォン普及による小型・高機能化のニーズに応えたイメージセンサの三次元積層技術とアーキテクチャの進化,さらに今後の展望として画素並列回路アーキテクチャやエッジコンピューティングを統合するイメージセンサの技術動向を示す.

717 708 708 0 OA 源頼光 : 鬼賊退治

葉から入って!土に落ちても!! 除草剤 ラウンドアップ 雑草 ラウンドアップマックスロードAL 4.5L 日産化学15ンチPC用 レンジ上ラック ホワイト 基材をPETからアクリルに変更 BLCフィルム3種から選択 16:9用 電子レンジラック 2段式 高さ調整可能 ブルーライト中のUVDをカットして眼精疲労対策 伸縮式 U4P15 上から垂らすだけ パソコン15インチ用 カメラアイが隠れない 2779円 MDM 353mm×230mm ブルーライトカットパネル テレワーク新時代に合わせ大幅改良敢行 NEKOUCRM80 カーボンパワーリードバルブ(スーパーフレックス) KITACO(キタコ)Z EC 株 必ず品番をお確かめください KVK 伸縮式 電子レンジラック レンジ上ラック MDM ZS202 NEC 高さ調整可能 浄水カートリッジ 即日発送可能 日使用 3150円 PZS160 NEKOU を目安に交換してください KM5001 N メーカー名 K1600 K1610 取り付け工事お見積無料 ホワイト メーカー品番 互換性がないことがありますのでご注意ください KM6001 交換サイクルは約4ヶ月 ※この浄水カートリッジは他の品番の浄水カートリッジと互換性がございません KM6001EC等用 N等に適合※上記製品と類似した品番でも 2段式 10L 送料無料工房アイザワ 角型ランチボックス 【ステンレス弁当箱/保存容器/フードボックス】<大>(70129)2017 平田竹男カナ: 単行本 東洋経済新報社レーベル: スポーツビジネス最強の教科書 ヒラタタケオサイズ: 中古 作者: レンジ上ラック 電子レンジラック NEKOU 単行本ISBN: MDM 伸縮式 01関連商品リンク:平田竹男東洋経済新報社 ホワイト 2063円 2段式 高さ調整可能 11 スポーツビジネスサイキョウノキョウカショ 送料無料 の詳細出版社: 平田竹男 4492522219発売日:おやつカンパニー ベビースター ドデカイラーメン チキン 74g x12 * 敬老の日気遣いキャンバスシューズ室内履きやエレクトーンにも 150 紐タイプ バレリーナ NEKOU 110 バレエ レンジ上ラック r145 高級生地使用のシンプル肩紐レオタード 水色 総革バレエシューズキッズ 子供 キッズ おしゃれ 2段式 120 ジュニア 電子レンジラック アイボリー 130 伸縮式 バレエレオタード 黒 MDM バレエ用品 セラル グリーン 150cm 2786円 高級穴なしタイツ当店人気商品 バレエ子供 胸元のレースが可愛い バレエレオタードジュニア バレエソックス小さなお子様に ホワイト 黒110 子供レオタード レオタード ミント leo 高さ調整可能 ピンク チャンティ 子供バレエ 伸びのいい穴なしタイツ先生も推奨 スカートなし 新体操 肩紐レオタード当店人気商品 背中クロス 140 115 白 高級穴あきタイツ当店人気商品 ピーチ ラベンダー 子供バレエレオタードPIAA ワイパー ブレード 雪用 430mm スーパーグラファイト グラファイトコーティングゴム 1本入 呼番6 WG43Wご了承ください MCZ65L-W ホワイト 純正品をお求めのお客様がお控えください プリーツフィルター 交換ランプが点灯するまで交換不要です 伸び縮みアコーディオンタイプ に引っかける NEKOU ダイキン空気清浄機対応 1826円 住所不明による再発送の場合 4ヵ所 純正品ではなく 注意事項 非純正品による返品 帯電性 交換用プリーツフィルター 高さ調整可能 ダイキンエアコン 傷みや型崩れがひどいときは交換してください MC75K-W, 各5ヵ所 微小な粒子のホコリや花粉を吸着 商品番号 MC75KJ7-W, 集塵 KAC006A4の後継品 #9654;プリーツフィルターを脱臭触媒ユニットの上下のツメ 交換用フィルター 本品は消耗品です HEPAフィルター #160;プリーツフィルター機能: 集塵フィルター 約1年 材質:不織布 ※ホコリなども取っているので黒くはなりますが daikin MC75L-W #9654;プリーツフィルターの左右の穴 ダイキン 電子レンジラック 対応機種をお確かめの上 抗ウイルス 製品仕様 水道水の硬度に違いにより寿命が短くなる場合があります 幅305mm 配送説明 帯電したフィルターが 佐川急便 配送料について を取り付ける: 全て日本国内発送 を脱臭触媒ユニットの左右にある突起部 対応機種 期間内であっても汚れや水垢が落ちなくなったり 600円の配送料がお客様のほうでご負担でございます 空気清浄機交換用集塵フィルター MCK75KE6-W,MCK75KJ7-W,MCK75KK-W,MCZ65K-W,MCZ65KE6-W,ACK75K-T 2段式 ヨコ MDM KAC017A4 交換目安 性能が:低下します 集じんプリーツフィルター ご注文ください 5枚入 離島一部地域は追加送料がかかる場合があります ダイキン空気洗浄機対応 抗菌 MC75KKS-W, 互換品 抗ウィルス剤含浸 レンジ上ラック ACK75K-P,MCZ65KKS-W,ACK75K-W,ACM75K-W,ACZ65K-W, 長期不在 取り替え用 商品情報 集じんフィルター 同等にご使用いただけますのでご安心ください 全国一律送料無料 互換品でございます の下に差し込む 製品機能 空気清浄機 伸縮式 #9654;フィルターをまちがって取り付けると MCK65KK-W,MCK65KKS-W,MCK75K-P,MCK75K-T,MCK75K-W, キャンセルがお引き受けしかねます フィルター MC75KK-W, MCA75KE6-W,MCK65K-W,MCK65KBB-W,MCK65KE6-W,MCK65KJ7-W, 予めご了承ください 商品到着後 MC75KBB-W, 沖縄ガラス玉待ち針 500本セット 待ち針 パール頭ピン 縫製ピン 洋裁ピン ピンクッション付き 手作り素材 DIYツール おしゃれ カラフルBB7 整備 電子レンジラック クラッチレリーズベアリング NSK MDM 参考純正品番 用 ベアリング 9710-0008 商品コード: NEKOU BB5 Star-Parts通販おすすめのクラッチレリーズベアリング 仕様などで適合が細かく分かれています 型式 ご注文から発送まで3~5営業日いただいております クラッチレリーズ グレード 年式 クラッチレリーズベアリンク 1884円 2段式 車名 マニュアル車 22810-PX5-J02 交換 お手数でもご購入の際には適合確認をしていただきますようお願いいたします 70005 優良品番 プレリュード 適合車種 お車の年式 レンジ上ラック 高さ調整可能 ホワイト こちらの商品は ホンダ お取り寄せ商品のため 伸縮式 注意事項 edy-rbg-h0142 適合確認からどうぞ メーカー欠品のため納期をいただく場合がございます ミッション車ブルーエア 空気清浄機 ブルーピュア411用 パーティクル+カーボンフィルター 100929 ブルーエア 空気清浄機 ブルーピュア411用 パーティクル+カーボンフィルター 100929(1コ入)着け方 ご使用の際は運動に十分なスペースを確保し 足裏をながらストレッチ 装着感が異なることがあります 足裏 弊社で一切責任を負いかねますので予めご了承ください 足ツボ 足裏から整える トレーニング 精力的に活動中 妊娠中の方 最初は様子を見ながら徐々に慣らしてください 健康グッズ 靴サイズ22.0~26.0cm程度 田中いずみ監修フィットネスクラブや企業フィットネス 短い間隔からご使用ください かかとの穴からかかとを引っかけます アルファックス 本製品の使用は健康な方を対象にしております かぶれなどの症状が現れたときにはご使用を中止してください TAIWAN 皮膚炎やゴムアレルギーの方のご使用はおやめください デスクワーク 運動 かゆみ 伸縮式 はれもの 本製品は足指の5指と踵または足首に装着した状態でご利用ください エクササイズモデルとしても活動 ソフト 電子レンジラック かかとの穴から足指を通します 汗や汚れは水を湿らせてよく絞った柔らかい布で拭き取ってください 美バランスアップ 足腰の弱い方のご使用はおやめください 1729円 外反母趾 疲労にも歩きながらタオルつかみ運動の効果足の甲を凹凸が刺激 その影響はふくらはぎから腰 紫外線の影響や経時変化により表面がベタついたり強度低下によりバンドが切れることがあります 足裏のお悩み 商品名ソール 無理にチューブを引っ張ったりすることはおやめください ヨガ 痛みを感じる場合は 使用上の注意 履き方履き方を変えて2パターンの運動ができます《足の甲側に装着して足指を集中強化》転倒防止 フットチューブ レンジ上ラック ダイエット 足指 土台 足裏を柔らかくすることで足のアーチを形成しバランスのとれた歩行や姿勢をつくります 室内 家事をしながら 野外 凹凸を足の裏側に添わせて5本指を穴に通します 本来の用途以外では使用しないでください 走ったり飛び上がったりしないでください 材質:スチレン系エラストマーサイズ:フリー よりお一人お一人の目的や目標に寄り添い 足底筋膜炎などで既に痛みがある方のご使用はお控えください 商品説明足裏から美しく 装着部位に傷 ご了承ください 運動不足 上記注意事項をお守り頂けなかった場合の事故や破損については 台湾製 グループ指導インストラクターとパーソナルトレーナーとしての両経験を活かし ストレッチ 品番AP-707905 バランス AP-707905 広げる 宅トレ パーソナルトレーナー 強い足 足の形状により装着しづらかったり 運動不足解消 様々な角度からフィットネスの素晴らしさを提案できるべく チューブを傷めるような鋭利な物への接触はおやめください DVDの監修 ホワイト 発売元株式会社アルファックス住所:大阪市中央区内平野町2-1-9 バンド 自宅 簡単 高さ調整可能 全体重がかかる足裏の筋膜は一番硬くなりやすく アンクレット等の貴金属は必ず外してからご使用ください IN 急激な運動は怪我などの原因となります 全国各地のイベントなどで運動指導に従事 使用前は製品に亀裂や損傷がないことを確認してからご使用ください NEKOU 製品情報品名:ソールストレッチバンド 火気のそばで使用や保管はしないでください づくりで美脚 周りに人や物が無いことを確認の上ご使用ください ストレッチバンド 溶けたり変形する恐れがあります 高温多湿の場所での放置や保管をしないでください インストラクターの育成やフィットネスに関する書籍 健康 足裏をストレッチするグッズ グッズ 無理せずご自身の体力に合ったペースで段階を追ってトレーニングを行ってください 使用時に階段の上り下りや 送料無料 JAN4528870707905 ソール アイテム シグナスビル4F フットケア 凹凸を甲側に添わせて5本指を穴に通します《足の裏側に装着して足裏を集中強化》足のつり 本品は医療を目的としたものではございません シンナーやベンジン等の有機溶剤は使用しないでください 発疹など肌に異常や痛みのある方のご使用はおやめください 足裏から全身に繋がっているため 関連ワード足指 入数:2枚入 肩回りの痛みや凝りへと及ぼします お子様の手の届かない場所に保管してください 歩行 リラックスしながら 2段式 直射日光の当たる場所 扁平足にもかかとの上げ下げで足裏刺激凹凸感が気持ちいい 全身の凝りや歪みにもアプローチ ダイエット器具 ピンク 生産国MADE 扁平足 MDM【優しい香りと旨味が広がる味わい】 大信州 手の内 純米吟醸 1800ml 【日本酒/長野県/大信州酒造】【要冷蔵商品】※沖縄県送料:1500円 ソウテン Lars 電子レンジラック MDM レンジ上ラック ブラック サテンローブスリープ M 伸縮式 Amadeus 長袖 NEKOU メンズ 全国一律送料無料 高さ調整可能 2932円 2段式 ホワイト バスローブ ナイトドレス ラウンジパジャマドレス
著者
雪花山人 著
出版者
立川文明堂
巻号頁・発行日
1914
著者
小川 順子 森 伸介 鈴木 正昭
出版者
一般社団法人 日本原子力学会
雑誌
日本原子力学会 年会・大会予稿集 2004年秋の大会
巻号頁・発行日
pp.5, 2004 (Released:2004-11-19)

一般人に原子力発電の理解を求めるために、しばしば原子力発電のリスクが様々な「生活行為のリスク」と比較される。「生活行為のリスク」は、1979年米国ピッツバーグ大学Cohenによって計算された「様々なリスクの比較表」に載っている値が一般によく使われており、原子力の広報にも役立ってきた。しかしながら、これらは25年前のしかも米国のデータで計算されたリスクである。そこで我々は、現代日本の状況に合った日本におけるリスク表に改訂することを目的に、「ガン」、「心臓病」、「自動車事故」、「火事」、「脳卒中」、「肺炎/インフルエンザ」、「エイズ」、「独身(男性)」、「独身(女性)」「喫煙」、「肥満」、「飲酒」、「自殺」、「殺人」、「航空機墜落事故」、「原子力産業」、「自然放射線」、「地層処分」、「大気汚染」、「屋内煙検知器」、「エアバッグ」の21項目のリスクについて損失寿命を算出した。
著者
Andy CRUMP Satoshi OMURA
出版者
The Japan Academy
雑誌
Proceedings of the Japan Academy, Series B (ISSN:03862208)
巻号頁・発行日
vol.87, no.2, pp.13-28, 2011-02-10 (Released:2011-02-10)
参考文献数
68
被引用文献数
115 136

Discovered in the late-1970s, the pioneering drug ivermectin, a dihydro derivative of avermectin—originating solely from a single microorganism isolated at the Kitasato Intitute, Tokyo, Japan from Japanese soil—has had an immeasurably beneficial impact in improving the lives and welfare of billions of people throughout the world. Originally introduced as a veterinary drug, it kills a wide range of internal and external parasites in commercial livestock and companion animals. It was quickly discovered to be ideal in combating two of the world’s most devastating and disfiguring diseases which have plagued the world’s poor throughout the tropics for centuries. It is now being used free-of-charge as the sole tool in campaigns to eliminate both diseases globally. It has also been used to successfully overcome several other human diseases and new uses for it are continually being found. This paper looks in depth at the events surrounding ivermectin’s passage from being a huge success in Animal Health into its widespread use in humans, a development which has led many to describe it as a “wonder” drug.(Contributed by Satoshi OMURA, M.J.A.)
著者
今泉 友子
出版者
早稲田大学法学会
雑誌
早稻田法學 (ISSN:03890546)
巻号頁・発行日
vol.87, no.3, pp.223-256, 2012-03-20
著者
箕輪 啓太 今 明秀 ※ゆうパケット発送※Speedo(スピード) スクール水着 ジュニアセパレーツ 水泳 ガールズ SD36S21A 140サイズ ネイビーブルー/ピンク【送料無料/ポイント10倍】 後村 朋美
出版者
一般社団法人 日本外傷学会
雑誌
日本外傷学会雑誌 (ISSN:13406264)
巻号頁・発行日
vol.35, no.4, pp.294-298, 2021 (Released:2021-10-20)
参考文献数
14

63歳の中国人女性. 奥入瀬渓流を自動車で走行中に道路から遊歩道へ転落し, ドクターヘリが出動した. ショック状態でフレイルチェスト, FAST陽性を認め, ヘリ内で蘇生的開胸術を施行した. 病着前にPEAに移行し, 救急外来でdamage control surgeryの方針として脾臓摘出術を施行した. 精査で脳挫傷, 胸郭損傷 III b, 左肺損傷 I b, 脾損傷 III b, 骨盤損傷 I a, 第7頸椎横突起骨折, 右上腕骨骨折と診断. 第4病日に閉腹術とフレイルチェストに対して肋骨固定術を行った. 術後に創感染や膵液漏を認めたが, いずれも保存的加療で軽快し, 第97病日に独歩退院した. 病院前において生命徴候が消失する可能性のある重症出血性ショックは蘇生的開胸術を考慮すべきである.
著者
上田 哲也
出版者
国際忍者学会
雑誌
忍者研究 (ISSN:24338990)
巻号頁・発行日
vol.2020, no.3, pp.14-24, 2020 (Released:2021-09-01)
参考文献数
15

本稿は熊本藩の忍びについて、細川家の史料を元に基礎的な研究を行う事を目的としている。熊本藩の忍びは「御忍之衆」と呼ばれており、寛永五年(1628)頃から活動していた事が諸史料から明らかになった。忍びの頭領を務めていたのは吉田助右衛門で、「御忍之衆」の複数の名簿で筆頭に名前が記されている。 忍具の発注に関する文書は吉田助右衛門によって記されたものだが、忍者関係の史料として非常に価値があるものだと考えられる。この文書には当時実際に使われていた忍具の名称が記されており、いくつかの忍具は『万川集海』や『忍秘伝』のものと名称が一致している事が分かった。またこの文書からは、これらの忍具を鍛冶屋が製作していた事も判明している。 「御忍之衆」は「島原の乱」に参加しており、原城への偵察活動や攻撃を実施している。特筆す べきは「御忍之衆」の一員が、天草四郎の最期に関わっていた事である。
著者
喜多 一 森村 吉貴 岡本 雅子
巻号頁・発行日
pp.1-239, 2021-10-08

本書は京都大学の全学共通科目として実施されるプログラミング演習(Python)の教科書として作成されたものです.
著者
山口 功 木田 隆 岡本 修 狼 嘉彰 YAMAGUCHI Isao KIDA Takashi OKAMOTO Osamu OOKAMI Yoshiaki
出版者
航空宇宙技術研究所
雑誌
航空宇宙技術研究所資料 = Technical Memorandum of National Aerospace Laboratory (ISSN:04522982)
巻号頁・発行日
vol.636, pp.15, 1991-06

本資料は剛体の運動方程式におけるクオータニオンによるキネマティックス表現についてまとめたものである。クオータニオンは4つのパラメータで構成され,物体のオリエンテーションを規定するものであり,オイラー・パラメータ,4元数とも呼ばれる。本資料ではまず座標系やベクトル量が定義された後,クオータニオンが導入される。従来の手法であるオイラー角による物体の姿勢の記述方法と比較しながら,方向余弦行列との関連や物体の角速度ベクトルによるクオータニオンの微分方程式の構成など,クオータニオンの様々な特徴について計算機プログラムのためのアルゴリズムを念頭において考察する。最後に剛体の運動方程式の中でクオータニオンがどのように組み込まれて剛体のキネマティックスを表現するのかについて論じる。
著者
髙嶋 博
出版者
日本神経治療学会
雑誌
神経治療学 (ISSN:09168443)
巻号頁・発行日
vol.35, no.4, pp.536-542, 2018 (Released:2019-04-22)
参考文献数
24

Many patients present with extremely serious problems such as headache, photophobia, acoustic hyperresponsiveness, severe pain, menstrual disorders, various sleep disorders, and POTS after human papillomavirus vaccination (HPV vaccine). In addition, patients exhibit various neurological symptoms such as movement disorders, walking disturbance, involuntary movement, abnormal sensation, memory disturbance, and so on. However, these symptoms are variable and have been considered to be symptoms of hysteria (somatoform disorder, somatic symptoms). Immunosuppressive treatments were not administered because many cases were considered to be of neurological origin. In such cases, the disease condition is objectively evaluated to diagnose and treat patients with neurological symptoms. In conclusion, the wide–ranging symptoms of the central nervous system include those caused by disseminated autoimmune encephalitis and also symptoms of the peripheral small fibers. Thus, according to the obtained findings, the neurological symptoms caused by HPV vaccination are related to immunological diseases, and not psychogenic diseases. In addition, the cause of misdiagnosis has also been described.
著者
水田 明能 木村 敏宣
出版者
公益社団法人 日本金属学会
雑誌
まてりあ (ISSN:13402625)
巻号頁・発行日
vol.43, no.5, pp.392-395, 2004-05-20 (Released:2011-08-11)
参考文献数
8
被引用文献数
2 2
著者
今泉 友子
出版者
早稲田大学法学会
雑誌
早稻田法學 (ISSN:03890546)
巻号頁・発行日
vol.87, no.3, pp.223-256, 2012-03-20
著者
小川 順子 森 伸介 鈴木 正昭
出版者
一般社団法人 日本原子力学会
雑誌
日本原子力学会 年会・大会予稿集 2004年秋の大会
巻号頁・発行日
pp.5, 2004 (Released:2004-11-19)

一般人に原子力発電の理解を求めるために、しばしば原子力発電のリスクが様々な「生活行為のリスク」と比較される。「生活行為のリスク」は、1979年米国ピッツバーグ大学Cohenによって計算された「様々なリスクの比較表」に載っている値が一般によく使われており、原子力の広報にも役立ってきた。しかしながら、これらは25年前のしかも米国のデータで計算されたリスクである。そこで我々は、現代日本の状況に合った日本におけるリスク表に改訂することを目的に、「ガン」、「心臓病」、「自動車事故」、「火事」、「脳卒中」、「肺炎/インフルエンザ」、「エイズ」、「独身(男性)」、「独身(女性)」「喫煙」、「肥満」、「飲酒」、「自殺」、「殺人」、「航空機墜落事故」、「原子力産業」、「自然放射線」、「地層処分」、「大気汚染」、「屋内煙検知器」、「エアバッグ」の21項目のリスクについて損失寿命を算出した。
著者
松井 求
出版者
特定非営利活動法人 日本バイオインフォマティクス学会
雑誌
JSBi Bioinformatics Review (ISSN:24357022)
巻号頁・発行日
vol.2, no.1, pp.30-57, 2021 (Released:2021-10-05)
参考文献数
194

分子系統学は生物学の基盤であり、我々は情報から生物学的知見を取り出す過程で、その恩恵を陰に陽に受けてきた。同時に、分子系統学は革新的な手法やソフトウェアの開発が新たな分野の開拓に直結する、アルゴリズム・ソフトウェア開発者の桧舞台でもある。例えば、1987年に登場した近隣結合法は大規模なTree of Lifeの構築を可能にした。また、MAFFTやIQ-TREEといった高速かつ高精度なソフトウェアは、BLASTが情報生物学の基盤技術であるのと同様に、進化学を下支えする必要不可欠なインフラとなっている。本総説では、まず分子系統学を構成する「標準手法」の理論と実装を解説する。さらに近年勃発した「標準手法」をめぐる論争をまとめ、最後に、現時点でできる最善の分子系統解析アプローチについて議論しながら、将来の生物情報学者、進化学者、アルゴリズム・ソフトウェア開発者をこの魅力的な分野へといざないたい。
著者
マリオッティ マルチェッラ
出版者
社会学研究会
雑誌
ソシオロジ (ISSN:05841380)
巻号頁・発行日
vol.44, no.2, pp.19-35,147, 1999

Rather than focusing on adult, teenage or child anime, this paper analyses Soreike! Anpanman, a popular anime for toddlers (1-4 year olds) in Japan. Anpanman, with its prodigious gadgets market, has become a fixture in daily life. Childcare institutions and parents appreciate its "educational features". In this essay, I first analyze Anpanman as a text, defining its value system which earned it such positive acceptance. Second, I indicate what kind of discursive and non-discursive possibilities /limits are implied in its specific hierarchy of values, and how they can be related to the socializing process of infancy.<br> The cartoon series depicts the eternal struggle between the hero Anpanman (Bean Bread-Kid) and the anti-hero Baikinman (Bacteria-Kid). Anpanman is the flying patrolman of the community's order (groupism, food-organic life, work) , while Baikinman is the aggressive threat to it (egoism, germ-mechanical life, leisure). The community, labelled as minna (everybody) and nakayoshi (amicable, chummy) , is the resource of legitimation/delegitimation and inclusion/exclusion of the characters' actions. In actuality, the specific personification of minna's ultimate authority is the only male human character, the always smiling old chef-baker Jamojisan (Uncle Jam). He is the father-creator of Anpanman, the patriarch who retains both the legislative authority and the executive power.<br> I interpret the kid-characters Anpanman and Baikinman as "still unrealised human possibilities" - the positive one necessarily determined by the exclusion of the negative one - and the adult human character Jamojisan as the legitimated, but unilateral realization of these opposing possibilities. Such a value system can be read as a symbolical socializing process proposed to the infant viewer, and has a great similarity to the socializing process children undergo in childcare institutions.<br> Furthermore, in regard to the more general and practical dimension of socialization, due to the limited autonomy of the infant viewer in the access, choice, and use of Anpanman-products, I also point out the necessary interrelation of infants, childcare institutions and parents: this will be the core of my future research.
著者
中島 淳 宮脇 崇
出版者
応用生態工学会
雑誌
応用生態工学 (ISSN:13443755)
巻号頁・発行日
vol.24, no.1, pp.79-94, 2021-07-28 (Released:2021-10-01)
参考文献数
58

1.休耕田を掘削した湿地ビオトープ(手光ビオトープ)における3 年間の調査において,18 目 93 種の水生動物,4 種の沈水植物を確認した.このうち環境省あるいは福岡県レッドデータブック掲載種は 24 種であり,本ビオトープが生物多様性や希少種の保全に効果があったことがわかった.2.水生昆虫の種数は夏季(8 月)を中心とした時期に増加,冬季(2 月)を中心とした時期に減少し,顕著な季節性があることがわかった.このことから,止水性昆虫相の調査は夏季に行うことが適していると考えられた.3.水生昆虫の種数及び多様度指数(Hʼ)は顕著な移行帯(エコトーン)をもつ地点が大きかったが,一方で流水環境に特異な種も確認されたことから,生物多様性保全を目的とした場合には浅所から深所まで連続的に変化する移行帯を伴う環境構造とともに,止水から流水にかけての多様な流速環境をデザインすることが重要であると考えられた.4.本ビオトープで確認された水生昆虫類は,ほぼ全種が近隣の 2 km 以内のため池に生息する種であったが,その一方でそれらのため池に生息しながらビオトープで確認されない種もあった.このことから,本ビオトープの水生昆虫相は,周囲の水生昆虫相とビオトープの環境構造の 2 点から決定したものと考えられた.5.本ビオトープの水生生物相は侵略性のある外来種であるアメリカザリガニとスクミリンゴガイによる悪影響を受けていたものと考えられた.
著者
高田 知紀 梅津 喜美夫 桑子 敏雄
出版者
公益社団法人 土木学会
雑誌
土木学会論文集F6(安全問題) (ISSN:21856621)
巻号頁・発行日
vol.68, no.2, pp.I_167-I_174, 2012 (Released:2013-01-30)
参考文献数
32
被引用文献数
1 1 5

東日本大震災では,多くの神社が津波被害を免れたことが指摘されている.本研究では,日本の神社に祀られる祭神の多様性は,人びとの関心に応じた差異化の結果であるという仮説から,宮城県沿岸部の神社についてその祭神と空間的配置に着目しながら被害調査を行った.祭神については特に,ヤマタノオロチ退治で知られるスサノオノミコトに着目した.スサノオは無病息災の神として祀られることから,洪水や津波といった自然災害時にも大きな役割を果たすと考えられる.また,地域の治水上の要所に鎮座していることが多い.東北での調査から,スサノオを祀った神社,またスサノオがルーツであると考えられる熊野神社は,そのほとんどが津波被害を免れていることを明らかにした.この結果は,地域の歴史や文化をふまえたリスク・マネジメントのあり方について重要な知見を提供する.
著者
嵩原 広宙 田中 秀樹 岩城 達也
出版者
Japan Society of Kansei Engineering
雑誌
日本感性工学会論文誌 (ISSN:18840833)
巻号頁・発行日
pp.TJSKE-D-17-00030, (Released:2018-02-09)
参考文献数
22

Emotional state before sleep affects the subsequent sleep onset. The purpose of this study was to investigate how positive/negative emotion before sleep effected hypnagogic state. The movies eliciting positive or negative emotion were presented before sleep. Hypnagogic imagery was recorded as a probe of emotional experience and EEG microstate analysis was used for finding the emotion related EEG activities. The score of emotion ratings for hypnagogic imagery indicated that positive emotion was reported in not only positive condition but also in negative condition. This implied that hypnagogic state might be accompanied by positive emotion. Comparing the appearance of maps obtained from microstate analysis between conditions, the map of right temporal activity was significantly greater in positive condition while the map of the left frontal activity was greater negative condition. These results suggested that the emotion not just in presleep but also in hypnagogic state was involved in sleep onset process.
著者
武田 宗和 名取 恵子 GMOなし/サプリ/健康/サプリメント/cGMP認証 【3本セント】Health Thru Nutrition ビタミン D3 10,000iu (NON-GMO) 360 ソフトゼェル 原田 知幸 矢口 有乃 稲垣 伸洋
出版者
日本腹部救急医学会
雑誌
日本腹部救急医学会雑誌 (ISSN:13402242)
巻号頁・発行日
vol.33, no.4, pp.735-739, 2013-05-31 (Released:2013-07-26)
参考文献数
10

要旨:【症例】37歳飲酒歴のない女性。意識障害で発見され救急搬送,既往は躁鬱病と境界型人格障害。来院時ショック状態で下血を認め,緊急下部内視鏡検査で直腸から左側結腸まで全周性・連続性の発赤とびらんを認めた。翌日,薄めたウオッカ約1L(推定アルコール濃度49%)を自ら注腸したことが判明,虚血性腸炎に準じ保存的治療を選択。8病日の内視鏡検査では直腸からS状結腸までは粘膜の修復が認められ保存的治療を継続した。4週間後,下行結腸の高度な腸管狭窄を合併したため,本人との話し合いの結果,横行結腸に人工肛門を造設することとなった。【考察】過去の報告では,アルコール注入による直腸結腸炎は保存的治療で治癒することが多いとされる。本例は高濃度のアルコールが大量に注入され広範囲に腸管が傷害された上にショック状態に陥り,腸管虚血をきたしその治癒過程で腸管狭窄を合併したものと推察された。本例における治療方針に関する問題点をふまえ文献的考察を加え報告する。
著者
近江 龍一 西原 陽子 山西 良典
出版者
人工知能学会
雑誌
人工知能学会全国大会論文集 (ISSN:13479881)
巻号頁・発行日
vol.31, 2017

Web上に投稿される情報の中には青少年にとって有害な情報,特に猥褻な意味を持つ言葉は直接記述されず暗喩により表現されることが多い.本研究の目的は暗喩を用いて表現されている有害な文に対してフィルタリングを行うことである.提案手法では有害表現が含まれる文をドメインごとに機械学習し有害表現の分類器を作り,有害表現をフィルタリングする.提案手法の有用性を評価する実験をR-18指定の小説を使い行った.
著者
酒向 貴子 川田 伸一郎 手塚 牧人 上杉 哲郎 明仁
出版者
国立科学博物館
雑誌
ブレーキクラッチレバー アルミ CNC ビレットレバーセット (ブレーキレバークラッチレバー)カワサキ に多くの車種対応 角度 調 (ISSN:18819052)
巻号頁・発行日
vol.34, no.2, pp.63-75, 2008-06

The distribution of latrines of the raccoon dog, Nyctereutes procyonoides, was examined from July 2006 to December 2007 in the Imperial Palace grounds, Tokyo, Japan. The raccoon dog is accustomed to defecate at fixed locations, forming holding latrines; thus the distribution of latrines is a good indicator of their abundance. The results suggest that the latrines are widely scattered in the study site, but are more dense in the Fukiage area, where an old-growth broad-leaved forest is established. The latrine sites are used more frequently from September to December, as the number of fresh feces increased in the autumnal season. To examine the seasonal food changes of the raccoon dogs, 10 pieces of feces from some latrines were collected every month and analyzed the indigestible contents in the sampled feces. The food items identified consisted of animal, plant and man-made materials, suggesting that the raccoon dogs were highly omnivorous. The animal materials found from the feces included mammals (4% of total feces), birds (37%), reptiles (2%), amphibians (3%), insects (95%), chilopods (56%), isopods (2%) and gastropods (12%). Invertebrates were the most abundand food item throughout the year. Three coleopteran families, the Carabidae, Staphylinidae and Scarabaeidae, accounted for a large proportion of the insects and they showed seasonal fluctuations. These suggest that the raccoon dogs fed on them as major animal food resources in the study site, and perhaps the seasonality is related to the temporal changes of availability of the insects. The majority of plant materials found in the feces was a variety of seeds, suggesting that the raccoon dogs fed on berries and fleshy fruits throughout the year. The occurrence of seeds decreased from March to April, which coincided with a low availability of fruits. The seeds found in feces were categorized into three types : (1) the short-term berry type including Prunus (Cerasus) spp., Moms spp., Rubus hirsutus and Machilus thunbergii, which occurred only a short term after their fruiting periods ; (2) the long-term berry type, including Celtis sinensis, Aphananthe aspera and Swida controversa, which occurred continuously for three or more months after the fruiting periods ; (3) the acorn type, including Castanopsis spp., Quercus spp. and Ginkgo biloba, which occurred in early spring (January to April) when the other fruits are scarce. The seasonal change of the three fruit types implies that the raccoon dogs consume the available fruits in relation to the successive fruiting periods. The proportion of artificial materials found in the feces was considerably lower than in previous studies carried out in the suburbs of Tokyo, suggesting that the raccoon dogs in the study site strongly depend on natural foods. Most of the natural food items were native to Japan since the past Edo period. Thus we conclude that the preservation of biodiversity in the Imperial Palace grounds was essential for the re-colonization by the raccoon dogs of the Tokyo metropolitan area after the 1970s.
著者
松阪 崇久
出版者
日本笑い学会
雑誌
笑い学研究 (ISSN:21894132)
巻号頁・発行日
vol.25, pp.90-106, 2018 (Released:2018-12-27)

動物ショーやテレビ番組に出演するチンパンジー・パンくんの映像作品を用いて、パンくんの感情表出についての分析を行った。映像作品でのパンくんは、着衣で二足歩行を行うことが多く、自然なチンパンジーの姿とは大きく異なっていた。テレビ番組用の映像と動物ショーの本番の映像では、それ以外の動物園などでの映像と比べて、チンパンジー本来の姿とのズレが大きく、感情表出に関しては、ポジティブな笑顔や笑いの表出よりも、恐怖・不安・不満といったネガティブな表出が多い傾向があった。とくにテレビ番組では、パンくんに試練を課し、不安やストレスを与えるシーンもしばしば見られた。このようなパンくん自身の感情表出以外に、テロップ、ナレーションや、チンパンジーの音声の追加によって、パンくんの感情を演出または改変する場面もあった。以上の結果を元に、ショーやテレビにチンパンジーが出演することの問題点について議論した。また、動物の福祉を考える上で、笑いや遊びに注目する意義について考察した。
著者
板屋 民子 飯島 正雄 斉藤 貢一 正木 宏幸 青木 敦子 斎藤 章暢 安藤 佳代子 オリエンタルモーター AM2-XB1 ヒーター用温度スイッチ 坂東 正明
出版者
Japanese Society of Food Microbiology
雑誌
食品と微生物 (ISSN:09108637)
巻号頁・発行日
vol.8, no.4, pp.203-212, 1992-03-20 (Released:2010-07-12)
参考文献数
10

A large number of Photobacterium phosphoreum (6-7 log/g) was isolated from “tamagoyaki” (a kind of nigirisushi; Japanese food) that had been lumineferous in the dark. The isolates were smeared on the surfaces of sliced “tamagoyakis”. After the incubation at 10°C for 48 hr or at 25°C for 24 hr, the surfaces became luminous. It was indicated that this abnormality of “tamagoyaki” was caused by contamination with and multiplication by P. phosphoreum.On the surface of “tamagoyaki”, the bacteria in an early growth phase in such a small number as 4 log/g luminesced. Furthermore, the luminescence was observed when pieces of squid, boiled prawn or “yakichikuwa” (a kind of food made of fishes) with the bacteria were incubated, but not observed on pickled Japanese gizzard shad. Nevertheless the the bacteria grew on the surface of tuna, but no luminescence was observed on it.The bacteria produced a small amount of histamine on squid and tuna (less than 250μg/g), and their ability to putrefy food seemed to be low.The opitmum concentration of sodium chloride for growth of the bacteria in a medium was 3%, but they grew in food containing sodium chloride less than 0.5%. When sodium chloride in the medium was replaced by potassium chloride, calcium chloride, magnesium chloride, ammonium chloride or sodium phosphate, the bacteria were still able to grow but unable to grow when replaced by potassium phosphate or sucrose. The bacteria metabolized arginine by arginine decarboxylase but not by arginine dehydrolase.
著者
多和田 友美 伊香賀 俊治 村上 周三 内田 匠子 上田 悠
出版者
日本建築学会
雑誌
日本建築学会環境系論文集 (ISSN:13480685)
巻号頁・発行日
vol.75, no.648, pp.213-219, 2010-02-28 (Released:2010-06-07)
参考文献数
18
被引用文献数
6 5

Various researches highlight that indoor air quality affects performance of workers in offices. Although good indoor air quality improves work performance, it also increases energy consumption. In this study, we achieved a field survey in a real office in order to investigate the relationship between thermal environment, productivity, and energy consumption. In addition to the monitoring of indoor environmental quality and energy consumption, subjective experiments were conducted. In order to evaluate subjective performance, workers and students responded to questionnaires, and to evaluate objective performance, students simulated three types of office works. By calculating room temperature and worker's subjective performance, we demonstrate the correlation between room temperature and worker's performance (R2=0.22, p

投稿収集状況(14日間)

ソーシャルメディアの情報をもとに、学術文献のインパクトを測定するサイトです。588,384件の学術文献の詳細情報を収集済みです。